ホームにもどる

カテゴリー別に探す

ライフステージ別 目的別 施設別
町別おでかけ情報 補助・助成・手当 防災・環境
なないろぽけっと 子育て支援ナビ(東村山市) イベント情報
お店情報など ころころの森 市役所HP

東村山市子育て総合支援センター ころころの森

ころころの森

東村山ファミリーサポート・センター

TOP > コロネちゃんの読み物コーナー > 育児のひとこま 「娘とひまわりの花に思う」

読み物

「トコトコ通信」は子育て中のママたちがつくる子育て情報ミニコミ誌です。
毎月表紙には、レシピや工作ものなど楽しい企画が。その歴代の表紙が見られるのがこのページです。

2015年12月29日

育児のひとこま 「娘とひまわりの花に思う」

10万本のひまわりを見に、清瀬へ行った夏の終わり。

台風で倒れたひまわりの中から、夫が「はい」と私につぼみのついた1本をくれた。

と、その様子を見ていた3歳の娘が、「Kちゃんもいるぅ!」とせがみ、夫はまた探しに行き、固いがくの中に少し開きかけた花びらののぞいたつぼみを、娘に渡した。

娘は上機嫌で、意気揚々と片手にひまわりの種を入れた袋、片手にもらったつぼみの茎を持ち、5歳の兄とぱたぱた駆けていった。

バスの人混みにもまれ、帰り着いた家では、私のもらったつぼみはすっかり乾いてしまったけれど、娘のつぼみはまだしっかりしていたので、水に挿しておいた。

すると。

1日たち、2日たつうちに、花びらがひらき、ほんの片手にのるくらいのかわいらしいひまわりが、咲いた。

「咲いてるう!」と開花をいちばん喜んだのは、娘だった。

家事のあいま、そのひまわりが目にはいると、不思議なくらい気持ちがやわらいだ。明るい色あいはそのまま、心に元気をくれる気がした。

3歳を迎えて、扱いがひときわ難しくなった娘も、こんなふうに、じっくりと花開いていっているところなのだろう。

花を見つめるときほど素直に微笑めないこともあるけれど、娘へのまなざしもまた、いつもやさしいものでありたいと思う。

 

(2009年11月号)

カテゴリ:
前にもどる
トップにもどる